Full Bucket Vocoder

Full Bucket Vocoder FBVCは、1978年の古典的なKORG VC-10ボコーダーをシミュレートするMicrosoft Windows(VST)およびApple macOS(VST / AU)用のソフトウェアプラグインです。このプラグインはハイパフォーマンスと低CPU消費の為にネイティブC++コードで記述されています。

  • 20バンドのフルステレオボコーダー。
  • 64ボイスポリフォニックのビルトイントーンジェネレーターセクション。
  • アクセントベンドおよびビブラート効果。
  • オプションとしてWAVファイルの再生が可能。
  • 細かく調整可能なアナライズ/シンセシスセクション。
  • 調整可能なアンサンブル効果。
  • 倍精度のオーディオ処理。
  • すべてのパラメーターはMIDIコントローラーで制御可能。
  • WindowsおよびmacOS(32ビット/64ビット)をサポート。

The Full Bucket Vocoder FBVC is a software plug-in for Microsoft Windows (VST) and Apple macOS (VST/AU) simulating the classic KORG VC-10 Vocoder from 1978. It is written in native C++ code for high performance and extremely low CPU consumption.

  • 20 band full stereo vocoder.
  • 64 voice polyphonic built-in Tone Generator section.
  • Accent Bending and Vibrato effects.
  • Optional WAV file playback.
  • Fully tweakable Analysis/Synthesis section.
  • Tweakable Ensemble effect.
  • Double precision audio processing.
  • All parameters can be controlled by MIDI controllers.
  • Plug-in supports Windows and macOS (32-bit and 64-bit).

TAL-Vocoder

TAL-Vocoderは、80年代初頭のボコーダーサウンドをエミュレートする、11バンドのビンテージボコーダーです。それはSFFT(短時間高速フーリエ変換)のようなデジタルアルゴリズムと、アナログモデルのコンポーネントが組み合わせられています。 また、11バンドそれぞれにエンベロープフォロワーが含まれています。

このボコーダーは音声処理用に最適化されており、子音をよりはっきりさせる為の いくつかのアルゴリズムが含まれています。キャリアシグナルは、パルス、ノコギリ波、ノイズ、およびサブオシレーターを発振可能なVCO(電圧制御発振器)になっていますが、左ステレオ入力をキャリアとして使用することも可能です。これによりあらゆる音源をキャリアシグナルとして使用できます。

機能:

  • 各バンドの音量が調節可能な11バンドのボコーダー
  • キャリアシグナルに倍音を付加するハーモニックコントロールを調節可能
  • エンベロープフォロワーのスピードが調節可能
  • キャリアVCO(ノコギリ波、パルス、サブ、ノイズ – ポルタメント付きのポリ、モノラルモード)
  • 外部キャリアシグナルのモード(キャリアとしての左入力チャンネル、変調器としての右チャンネル)
  • ステレオコーラス
  • Dynamix IIのプリセットを含む14のプリセット
  • マニュアル付き
  • すべてのサンプルレートのサポート
  • 古典的なボコーダーサウンド。

TAL-Vocoder is a vintage vocoder emulation with 11 bands that emulates the sound of vocoders from the early 80s. It includes analog-modeled components in combination with digital algorithms such as the SFFT (Short-Time Fast Fourier Transform). It includes an envelope follower for each of the eleven bands.

This vocoder is optimized for voice processing and includes some algorithms for consonants to make the voice more intelligible. The carrier signal is a VCO (Voltage Controlled Oscillator) with a Pulse, Saw, Noise and Sub Osc. But it’s also possible to use the left stereo input as carrier, this way every sound source can be used as carrier signal.

Features:

  • 11-band vocoder with adjustable volume for every band.
  • Adjustable harmonic control adds harmonics to the carrier signal.
  • Adjustable speed of the envelope follower (smudge).
  • Carrier VCO (saw, pulse, sub osc, noise – poly and mono mode with portamento).
  • Mode for external carrier signals (left input channel as carrier, right channel as modulator).
  • Stereo chorus.
  • 14 presets, including presets from Dynamix II.
  • Manual.
  • All sample rates supported.
  • Classic vocoder sound.