Protoverb

Protoverbは、「ルームシミュレータ」のアイデアに基づいた実験的なリバーブです。

Protoverbの最初のバージョンは、無料の "リサーチウェア"プラグインとしてリリースされており、リバーブについての探求目的で作成されました。

殆どのアルゴリズミックなリバーブは共鳴を避けたり、部屋の壁からの音の反射をモデル化しようと試みますが、Protoverbはその反対を行います。Protoverbはできるだけ多くの部屋の共鳴を築き、部屋の空気のかたちをモデル化します。したがって、音をモジュレートしたり色付けしたりする必要はありません。その結果、いくつかの興味深い機能を備えた非常に自然な響きの残響が得られるのです。空気がエキサイトするまでに時間がかかるように、長い時間の周波数はより大きく共鳴することになります。複数の楽器の音が拡散して汚れてしまうことはありません。短いメロディーを弾くならば、部屋はそのメロディーのゴーストエコーを繰り返すでしょう。これらの特性は教会や大きなホールには確かにありますが、従来のアルゴリズミックなリバーブにはめったに見られないものです。

Protoverbのコントロールは限られており、ほとんどのパラメーターはユーザーコントロール上から隠されています。ユーザーの実験を促すためにこれらのパラメータを変更する2つのランダム化ボタンがあります。

Protoverb is an experimental reverb based on the idea of a "room simulator".

This first version of Protoverb is released as a free "research-ware" plug-in, created to discover more about reverbs.

Most algorithmic reverbs try to avoid resonances or model the reflections of sound from a rooms walls. Protoverb does the opposite. It builds up as many room resonances as possible, modeling the body of air in the room. It therefore does not need to modulate or colour the signal. The result is a very natural sounding reverberation with some interesting features: Long standing frequencies resonate louder, as if the air takes some time to get excited. Multiple instruments don't mash into a diffuse mudd, they stay distinct. If you play a short melody, the room seems to repeat a ghost echo of that melody. Those properties are indeed found in churches and large halls, but they're rarely found in conventional algorithmic reverbs.

Protoverb has limited controls, with most parameters hidden from user control. There are 2 randomise buttons that modify these parameters to encourage user experimentation.

Zebralette

Zebraletteは、シンプルで理解しやすいフレームワークに詰め込まれたZebra2のオシレーター部分の1つにすぎません。しかしそれでも、素晴らしい音を作るために必要な機能を全て持ち合わせています。また、作った音は後でZebra2に直接ロードすることができます。そして、最終的にZebra2にアップグレードすることにした場合、オシレーターについて学ぶべきことを既に知っていることになり、これはかなりのアドバンテージです。

Zebraletteには、2つのLFO(ボイスごとに1つ、グローバルに1つ)、マルチステージエンベロープ、および3つのオンボードエフェクト(コーラス、EQ、ディレイ)があります。また、いくつかのジューシーなフィルターアルゴリズムを含むZebra2の有名なデュアルスペクトルエフェクトも忘れないでください。

Zebralette is just one of Zebra2's oscillators packed into a simple, easy-to-learn framework - but you have everything you need to make some pretty amazing sounds. Sound that can be directly loaded into Zebra2 later. And should you eventually decide to upgrade to Zebra2, you will already know everything there is to know about the oscillators - which is quite an advantage.

Zebralette has two LFOs (one per voice, one global), a multi-stage envelope and three on-board effects (chorus, EQ, delay). Not forgetting Zebra2's famous dual spectral effects, which include several squelchy filter algorithms.

TyrellN6

Tyrell Nexus 6プラグインはAmazona.deのサイト用にUrs Heckmann(u-heのトップ)によってプログラムされました。これはバーチャルアナログソフトウェアシンセサイザーです。サウンドエンジンはサーキットモデルであり、u-heの「ACE」に似ています。機能はRolandのJunoシリーズのようなビンテージシンセサイザーを思わせます。

特徴:

  • 2オシレーター
  • 1サブオシレーター
  • 1ノイズジェネレーター
  • 1リング変調器
  • 1シグナルフィードバック
  • 2LFO
  • 2ADSRエンベロープ
  • 1モジュレーションマトリックス

The Tyrell Nexus 6 plug-in was programmed by Urs Heckmann (mastermind of u-he) for Amazona.de. This is a virtual analog software synthesizer: the sound engine is circuit-modeled and is similar to the u-he "ACE". The features are those that we may expect from a vintage synthesizer like the Juno series from Roland.

Features:

  • 2 Oscillators.
  • 1 Sub-Oscillator.
  • 1 Noise Generator.
  • 1 Ring modulator.
  • 1 Signal feedback.
  • 2 LFOs.
  • 2 ADSR envelopes.
  • 1 Modulation Matrix.

Triple Cheese

Triple Cheeseは減算方式、FM方式、加算方式などの従来の合成手法を使用しませんが、さまざまな形式のコムフィルター、つまり非常に短い音階のあるディレイを使用します。直列の3つのチーズモジュールは、それぞれでシグナルを生成するか、あるいは前のモジュールの出力を処理できます。

Triple Cheese doesn't use any of the classic synthesis techniques ? subtractive, FM or additive ? but various forms of comb filter i.e. very short chromatically tuned delays. The three cheese modules in a row either generate their own signal, or process the output of the previous module.

Podolski

PodolskiはシンプルでCPU効率の良いバーチャルアナログシンセです。1つのオシレーター、1つのフィルター、1つのエンベロープ、2つのLFOを備えたFilterscapeVAのカットダウンバージョンであり、Zebraスタイルのアルペジエーター/シーケンサーとコーラス/ディレイエフェクトも備えています。

Podolskiの特徴は、クリックパラメーター(フィルターアタックを強調)と、3つの波形間でシームレスにモーフィングする機能(WaveWarp)です。

Podolski is a simple, CPU-efficient virtual analogue synth. A cut down version of FilterscapeVA with just one oscillator, one filter, one envelope and two LFOs, it also features a Zebra-style arpeggiator/sequencer and chorus/delay effects.

Podolski's specialities are the Click parameter (emphasizes the filter attack) and its ability to seamlessly morph between three waveforms (WaveWarp).