Crack

Crack is a workhorse of a plugin. It’s great on just one drum or for quickly adjusting a loop and is cheap on your CPU so you can load it up across all your tracks. Its other advantage is that it can be blended with the dry signal using the Dry/Wet knob, so you can dial in the amount of the effect. Like Impact, Crack features a custom limiter for peak reduction, soft analog-modeled clipping, and a maximizer specially tuned for use with transient materials.

Transient

Transientはエンベロープシェイパーです。

スネアのアタックを強化したり、アコースティックギターのピッキングを強調したり、ドラムを粉砕したりできます。効果を2倍にするためにx2スイッチが利用可能です。

Transient is an envelope shaper.

Increase the attack of a snare, highlight picking on an acoustic guitar or smash a drum room. Use the x2 switch to double the intensity of the effect.

Bitter Sweet

Bitter Sweetは、オーディオトランジェントを制御する無料のダイナミクスプロセッサです。スイートの方向に中央のノブを回すと、トランジェントの振幅が減退します。一方ビター側に回すと、振幅が拡大されます。Bitter Sweetはまたシグナルを処理するためのコントロールも備えています。メインポジションが有効になると、プロセスはステレオ信号に影響を与えます。Centerが有効になっていると、内部MSマトリックスのM信号のみが処理され、ステレオを選択した場合は、MSマトリックスからのS信号のみが処理されます。

Bitter Sweet is a free dynamics processor to manage audio transients. Turning the central button on the sweet side, decreases the transients amplitude. On the bitter side, the transients amplitude is magnified. Bitter Sweet also features a control for the signal to be processed. When the main position is engaged, the process affects the stereo signal. If Center is engaged, only the M signal of the internal MS matrix is processed. If stereo is selected, only the S signal from the MS matrix is processed.

Transpire

Transpireはトランジェントプロセッサーです。このプラグインは最初のアタックとボディーのサステインを強調、または抑制することができます。

Transpireはドラムやパーカッションでうまく機能するように設計されています。 線形には処理されないので、つまり小さなトランジェントは大きなトランジェントよりもエフェクトの影響を強く受けます。 これは、大きな打撃音ではオーバーロードしないで、細かいディティールを強調するのに適しています。その結果、パーカッシブトラックは従来のトランジェントエンハンサーと比較して、より安定感のある、程良く調整されたサウンドになります。

  • アタックの強弱をつける
  • サステインの強弱をつける
  • センシティビティーは、Transpireが処理できるディティールの量を制御します。小さな感度は、非パーカッシブな素材に適しています。
  • 出力は-0.1dBでハードクリップされます。 クリップインジケーターをクリックして、クリップのオン/オフを切り替えることができます。
  • スケーラブルGUI(VST版のみ)

Transpire is a transient processor. It can enhance or dampen the initial attack and the sustain (body) of sound.

Transpire has been designed to work well with drums and percussion. It does not operate linearly, which means small transients are being affected relatively stronger than large transients. This is good for bringing up smaller details while not overloading on large hits. As a result, percussive tracks can sound more steady and controlled compared to traditional transient enhancers.

  • Attack enhance or dampen.
  • Sustain enhance or dampen.
  • Sensitivity controls the amount of details which Transpire can process. Small sensitivity will suit better for non-percussive material.
  • Output is hard clipped at -0.1dB. Clipping can be turned on/off by clicking the clip indicator.
  • Scalable GUI (VST version).