QuadraCom

QuadraComはミックスバスとマスタリングのためのダイナミクスプロセッサーです。4バンドコンプレッサーと4バンドトランジェント強化プロセッサーを備えています。QuadraComはフルミックスダウンに微妙な強調を加えたり、またドラムバスをタイトにすることもできます。

  • 周波数固定の4バンド
  • M/Sまたはステレオモード
  • コンプレッサー、トランジェントバイタライザー、EQ
  • 取扱説明書付き(是非読んでください)

QuadraCom is a dynamics processor for mix bus and mastering. It offers a 4-band compressor and a 4-band transient vitalizing processor. QuadraCom can add subtle enhancement to full mixdowns or even tighten up the drum bus.

  • 4 bands with fixed frequencies.
  • M/S or Stereo mode.
  • Compressor, transient vitalizer and EQ.
  • Operation manual included (reading encouraged).

VOLA

VOLA – Voice Optimized Leveling Amplifierはその名の通り、もともとはブロードキャストボイスダイナミクス処理のために作成されました。しかし、ドラムやシンセパッドなど、あらゆる種類の素材でも問題なく機能します。VOLAはクリーンなサウンドを目指していますが、極端なコンプレッション効果にも使用できます。

  • アップワードとダウンワードの圧縮をそれぞれ個別に調整可能。
  • 「プッシュダウン」のポイントまで徐々にリミッティングされる、非常にソフトなニーコンプレッション
  • ダイナミクス変化の視覚的表示
  • 統計情報の表示

VOLA – Voice Optimized Leveling Amplifier, as the name suggests, was originally made for broadcast voice dynamics processing. But it works well with all kinds of material, like drums and synth pads. VOLA aims to sound clean, but can be used for extreme compression effects as well.

  • Upwards & downwards compression, each separately adjustable.
  • Very soft knee compression gradually turning to limiting at “Push Down” point.
  • Visual metering for changes in dynamics.
  • Statistics display.

Bass Professor II

Bass Professor Mark IIはベースギターのためのサウンドシェイピングスイートです。鈍いDIで録音された信号をパワフルなアンプを通したベースサウンドに変えるなどの目的で使用できます。Bass Professor Mark IIは、ベースギターに最適なダイナミクスプロセッシング、EQ、ラフダート/オーバードライブを備えています。

Bass Professor Mark II is a sound shaping suite for a bass guitar. It can be used for changing a dull DI recorded signal into a powerful amped-like bass sound with lots of character. Bass Professor Mark II offers dynamics processing, eq and a ruff dirt/overdrive specifically suited for bass guitar.

S.LA.X

S.LA.Xは、有名なLA-2Aに緩くインスパイアされたレトロなコンプレッサーです。それはボーカルやドラム、ベース、アコースティックギターなどに適した、暗く攻撃的なキャラクターを持っています。

コントロール

  • ゲイン:出力レベル。
  • ピーク:圧縮量。
  • エンファシス:サイドチェーンの高周波の影響量。シビランスをなめらかにします。
  • Comp / Lim:圧縮の速度とレシオ、ニーを変更します。
  • オーバーフロー:出力リミッターインジケーターは、出力が-0.1dbfsを超えると点灯します。シグナルが-0.1dbfsを超えることはできません。
  • オプション画面の中には、flat、fat1、fat2の3つの音色設定があります。

S.LA.X is a retro compressor loosely inspired by the famous LA-2A. It has an aggressive and dark character, which suits well for vocals, drums, bass and acoustic guitars.

The Controls

  • Gain: The output level.
  • Peak: The amount of compression.
  • Emphasis: The amount of high frequency influence in the sidechain. Smooths out sibilants.
  • Comp/Lim: Alters the speed, ratio and knee of compression.
  • Overflow: The output limiter indicator turns on when output exceeds -0.1dbfs. No signal can get past -0.1dbfs.
  • Inside option screen (+) there are three audio coloring settings: flat, fat1 and fat2.

Transpire

Transpireはトランジェントプロセッサーです。このプラグインは最初のアタックとボディーのサステインを強調、または抑制することができます。

Transpireはドラムやパーカッションでうまく機能するように設計されています。 線形には処理されないので、つまり小さなトランジェントは大きなトランジェントよりもエフェクトの影響を強く受けます。 これは、大きな打撃音ではオーバーロードしないで、細かいディティールを強調するのに適しています。その結果、パーカッシブトラックは従来のトランジェントエンハンサーと比較して、より安定感のある、程良く調整されたサウンドになります。

  • アタックの強弱をつける
  • サステインの強弱をつける
  • センシティビティーは、Transpireが処理できるディティールの量を制御します。小さな感度は、非パーカッシブな素材に適しています。
  • 出力は-0.1dBでハードクリップされます。 クリップインジケーターをクリックして、クリップのオン/オフを切り替えることができます。
  • スケーラブルGUI(VST版のみ)

Transpire is a transient processor. It can enhance or dampen the initial attack and the sustain (body) of sound.

Transpire has been designed to work well with drums and percussion. It does not operate linearly, which means small transients are being affected relatively stronger than large transients. This is good for bringing up smaller details while not overloading on large hits. As a result, percussive tracks can sound more steady and controlled compared to traditional transient enhancers.

  • Attack enhance or dampen.
  • Sustain enhance or dampen.
  • Sensitivity controls the amount of details which Transpire can process. Small sensitivity will suit better for non-percussive material.
  • Output is hard clipped at -0.1dB. Clipping can be turned on/off by clicking the clip indicator.
  • Scalable GUI (VST version).