PSP PianoVerb

PSP PianoVerbは、元々ピアノの弦によって生成されていた特別な種類のリバーブを再現します。それは減衰時間を調整可能な12の弦演算子を使用して残響を生成し、それぞれがA(55Hz)からG#(103.8Hz)までの特定の音にチューニングされています。

PSP PianoVerbの弦システムは、+-24セミトーンの範囲でトランスポーズでき、+-100セントの範囲内でチューニングして同様にデチューンすることができます。低いオクターブにトランスポーズすると、従来のリバーブのように広くて共鳴の少ないサウンドが得られます。一方、高いオクターブにトランスポーズすると、非常に明るいハープのような効果が得られます。

PSP PianoVerb reproduces a special kind of reverberation originally provided by piano strings. It generates reverberation using twelve string operators with adjustable damping and decay time. Each of them is tuned to a particular note starting from A(55Hz) to a G#(103.8Hz).

The PSP PianoVerb string system can be transposed in the range of +-24 semitones, tuned within a range of +-100 cents and be detuned as well. Transposing to lower octaves produces a bigger and less resonant sound similar to traditional reverbs, while in turn transposing to higher octaves produces a very bright harp-like effect.