Vocal King

プレスコンプレッサーのノブがボーカルキングの主役となる部分です。プレスノブを上げるとゲインが上がり、ボーカルの存在感が再立って滑らかな圧縮が得られます。ローカット、タイト、およびベースは、プリコンプレッサーと連携して音が細くなるのを防ぎつつ、ボーカルから余計な音を取り除きます。

クリスピーノブは、多くの人が満足できるような輝きを音に与えてくれます。ファイナルコンプレッサーは、ボーカルにさらなる圧縮を加えて音を太くします。DBアウトプットは音量を調節します。パワースイッチを使用してドライと処理した音の違いをすばやく聞くこともできます。また、信号が0dbを超えるとメーターはゲインリダクションを表示します。

The pres compressor knob is the main work horse of the Vocal King. Turning the pres knob up turns up the gain and brings out the presence in the vocal along with giving it a smooth compression. Low cut, tighten, and bass works with the pres compressor to help take out the mud without making the vocal sound too thin.

The crispy knob give highs some sparkle that many will find satisfying. Final compressor gives that extra compression to the vocal to make it sound thick. DB output turns the volume down. Use the power switch to quickly hear the difference between dry and processed. The meters show gain reduction after signal is past 0db.