OB-Xd - Datsounds - (フリー)

一言

OB-Xエミュレーション。プリセットや情報が豊富なので入門用にいいかも。

対応 ※ 掲載時点のもの。

32bit64bit

WindowsMac OSLinux

VST2VST3AUAAXRE

リンク

公式の説明

OB-XdはOberheimのOB-Xがベースになっており、その振る舞いと音を再現するよう試みます。しかしオリジナルのOB-Xはいくつかの点において非常に制限が多かったので、多くのものがオリジナルに付け加えられ、変更が施されました。

OB-Xdはオリジナルと同じくらい良質で豊かな音に聞こえるよう設計されており、OB-Xの音の特徴の大部分を占める微細なランダムのデチューニングを施します。しかしOB-Xdはソフトシンセ内で自己完結するような独立設計はされておらず、移調やオートメーション、レイヤリング、アルペジエイションなどの可能なVSTフレームワーク内に含める必要があります。

また、オリジナルのOB-Xシリーズのシンセと同様にOB-Xdには内部エフェクトが存在しないため、コーラス、リバーブ、ディレイなどの外部エフェクトを使用することで、音とテクスチャを大幅に向上させることができます。

OB-Xd is based on the Oberheim OB-X. It attempts to recreate its sound and behavior, but as the original was very limited in some important ways a number of things were added or altered to the original design.

The OB-Xd was designed to sound as good and as rich as the original. It implements micro random detuning which is a big part of that sound. However, it was not designed as a self-contained completely independent soft-synth. It needs to be contained within a VST framework where things like transposition, automation, layering, arpeggiation, etc., are available.

Also, like many synths of the OB-X's generation, the OB-Xd has no internal effects so its sounds and textures can be greatly enhanced by the use of additional processing like chorus, reverb, delay, etc.

バーチャルバーチャルインストルメント

OB-Xdをプレイ

OB-Xdの音をWeb上で実際に弾くことができます。

動画

Wiki

オーバーハイム

OB-Xd

OB-XdはOberheimのOB-Xがベースになっており、その振る舞いと音を再現するよう試みます。しかしオリジナルのOB-Xはいくつかの点において非常に制限が多かったので、多くのものがオリジナルに付け加えられ、変更が施されました。

OB-Xdはオリジナルと同じくらい良質で豊かな音に聞こえるよう設計されており、OB-Xの音の特徴の大部分を占める微細なランダムのデチューニングを施します。しかしOB-Xdはソフトシンセ内で自己完結するような独立設計はされておらず、移調やオートメーション、レイヤリング、アルペジエイションなどの可能なVSTフレームワーク内に含める必要があります。

また、オリジナルのOB-Xシリーズのシンセと同様にOB-Xdには内部エフェクトが存在しないため、コーラス、リバーブ、ディレイなどの外部エフェクトを使用することで、音とテクスチャを大幅に向上させることができます。

OB-Xd is based on the Oberheim OB-X. It attempts to recreate its sound and behavior, but as the original was very limited in some important ways a number of things were added or altered to the original design.

The OB-Xd was designed to sound as good and as rich as the original. It implements micro random detuning which is a big part of that sound. However, it was not designed as a self-contained completely independent soft-synth. It needs to be contained within a VST framework where things like transposition, automation, layering, arpeggiation, etc., are available.

Also, like many synths of the OB-X’s generation, the OB-Xd has no internal effects so its sounds and textures can be greatly enhanced by the use of additional processing like chorus, reverb, delay, etc.