アーケードのレースゲーム一覧

アーケードのレースゲーム一覧です。
1985年から90年後半まである程度網羅していますが全部ではないと思います。


ADK

スラッシュラリー
- ADK (1991)

NeoGeoで発売されたトップダウン式のシンプルなラリーゲーム。

オーバートップ
- ADK (1996)

クォータービュー採用のNeoGeoのレースゲーム。コース設計がバライティ豊かで凝ってる。

SNK

ライディングヒーロー
- SNK (1990)

WGPや8時間耐久モードを楽しめるNeoGeoの本格派バイクゲーム。RPG要素もある。

オフビートレーサー!
- SNK (1998)

HyperNeoGeo64で発売されたレアなラリーゲーム。

カプコン

F-1ドリーム
- カプコン (1988)

コミカルなトップビュー視点のフォーミュラレーシングゲーム。PCエンジン版もある。

マッドギア
- カプコン (1989)

アクション要素の強いサイバーな雰囲気のカーゲーム。

スリップストリーム
- カプコン (1995)

Sega System 32でリリースされたカプコンのF1ゲーム。ブラジルでのみ発売。

コナミ

ロードファイター
- コナミ (1984)

アクション要素の強いトップビューレーシング。様々なハードに移植されている。

Konami GT
- コナミ (1985)

ロードファイターの派生作品。トップビューからコックピット視点に変更されている。

WECル・マン24
- コナミ (1986)

サルト・サーキットコースをモデルに耐久レースを行う内容のゲーム。

ハイパークラッシュ
- コナミ (1987)

派手に敵者を壊しながら進むカーアクションゲーム。同社のロードファイター風な内容。

Hot Chase
- コナミ (1988)

Porsche 959に乗って敵国から脱出する内容のバトルアクションレースゲーム。

チェッカーフラグ
- コナミ (1988)

ピッチインシステムを採用したトップビュースタイルのレースゲーム。

ミッドナイトラン:ロードファイター2
- コナミ (1995)

ロードファイターの続編作品。プレイステーション版もある。

ジャレコ

ビッグラン
- ジャレコ (1989)

パリ-ダカール・ラリーを題材にしたジャレコのラリーゲーム。スーパーファミコンにも移植されている。

シスコヒート
- ジャレコ (1990)

サンフランシスコを舞台にパトカーでゴールを目指すゲーム。

グランプリスター
- ジャレコ (1991)

迫力あるグラフィックのジャレコのF1レースゲーム。

F1グランプリスター2
- ジャレコ (1993)

F1レース「グランプリスター」の続編。変更点は少ない。

Super GT 24h
- ジャレコ (1996)

後にセガサターンにも移植されたジャレコの3Dレースゲーム。

オーバーレブ
- ジャレコ (1997)

ジャレコからModel2基盤で発売された3Dレースゲーム。土屋圭市監修。

セガ

ハングオン
- セガ (1985)

GP500がモチーフのシンプルなバイクゲーム。

Hang-On Jr.
- セガ (1985)

Sega System E用に開発されたハングオンの簡易バージョン。

エンデューロレーサー
- セガ (1986)

セガの体感ゲーム第3弾として発表されたオフロードバイクゲーム。

アウトラン
- セガ (1986)

ヨーロッパ各地を舞台にオープンカーを運転する、あまりに有名なレースゲーム。

スーパーハングオン
- セガ (1987)

ハングオンの続編。コース数が大幅にパワーアップ。

パワードリフト
- セガ (1988)

派手で大味なカートスタイルのレースゲーム。

ホットロッド
- セガ (1988)

獲得賞金で自車をパワーアップさせていくシステムのトップビューレースゲーム。

ターボアウトラン
- セガ (1989)

アウトラン2作目となる作品。アメリカを舞台にフェラーリでライバルと競い合う内容。

レーシングヒーロー
- セガ (1989)

ハングオンの流れを汲むセガのバイクゲーム。

スーパーモナコGP
- セガ (1989)

モナコグランプリをモチーフにしたコックピット視点のF1ゲーム。

A.B.コップ
- セガ (1990)

制限時間内に敵を追跡して破壊する目的の近未来的バイクゲーム。

GP Rider
- セガ (1990)

リアルなドット絵のオーソドックスなバイクゲーム。

ラッドモビール
- セガ (1990)

アメリカ横断が目的のコックピット視点のアグレッシブなレースゲーム。

Rough Racer
- セガ (1990)

1画面ビューのポップでアメリカンな雰囲気のレースゲーム。

F1 Exhaust Note
- セガ (1991)

ツインキャビネットを採用したセガのF1レースゲーム。

アウトランナーズ
- セガ (1992)

8人の通信対戦を可能にしたドット絵アウトラン最後の作品。

Stadium Cross
- セガ (1992)

スタジアム内のオフロードで順位を競い合うバイクゲーム。

バーチャレーシング
- セガ (1992)

セガ初のフルポリゴンレースゲーム。当時珍しいワイド画面を採用。

デイトナUSA
- セガ (1993)

ストックカーレースをモデルにしたフルポリゴンのレースゲーム。

F1 Super Lap
- セガ (1993)

F1 Exhaust Noteの続編作品。スポンサーやマシンが実名になった。

クールライダーズ
- セガ (1995)

過剰な演出のグラフィックに力を入れた馬鹿馬鹿しいレースゲーム。

インディ500
- セガ (1995)

インディ500公認の本格的なフルポリゴンレースゲーム。

セガラリーチャンピオンシップ
- セガ (1995)

MODEL2基板を使用して大ヒットしたラリーゲームの元祖的作品。

スカッドレース
- セガ (1996)

BPR GT選手権を題材にしたスピード感溢れる3Dレースゲーム。

セガ ツーリングカー チャンピオンシップ
- セガ (1996)

セガラリースタッフによるDTMを題材にしたレースゲーム。

ウェーブランナー
- セガ (1996)

南国の海をマリンジェットで疾走する内容のレースゲーム。

ルマン24
- セガ (1997)

ル・マン24時間レースを題材にした作品。車種が豊富。

モーターレイド
- セガ (1997)

サイバーパンクな世界観を舞台に敵を蹴落として勝ち上がる内容のレースゲーム。

デイトナUSA 2
- セガ (1998)

Daytona USAの2作目。最大16台での通信対戦が可能。

救急車
- セガ (1999)

救急車での搬送を題材にした現実的なレースゲーム。

エイティーン・ホイーラー
- セガ (2000)

トレーラーでアメリカ大陸を横断する内容のレースゲーム。

タイトー

キックスタート
- タイトー (1984)

タイトーの初期のごくシンプルなバイクレースゲーム。

フルスロットル
- タイトー (1987)

ニトロシステムを採用した過剰にスピード感溢れるレースゲーム。

チェイスH.Q.
- タイトー (1988)

カーチェイスで犯人を逮捕する内容のタイトー代表作ともいえるレースゲーム。

コンチネンタルサーカス
- タイトー (1988)

ピットインシステムを採用した本格的なF1ゲーム。ゴーグルを付けて立体映像でプレイが可能。

World Grand Prix
- タイトー (1989)

ライダー視点の本格的な体感バイクゲーム。

S.C.I.
- タイトー (1989)

チェイスH.Q.の続編にあたるカーアクションゲーム。銃撃も可能になった。

World Grand Prix 2
- タイトー (1990)

タイトーWorld Grand Prixの続編。ライダー視点から後方視点に変更されている。

パワーホイールズ
- タイトー (1991)

モンスタートラックでの競技を題材にした迫力あるレースゲーム。

レーシングビート
- タイトー (1991)

Taito Z Systemでリリースされた本格派のF1レースゲーム。

続けて見る