Klevgrand Hillman – リリース情報

Klevgrandからヒルマンというシンセがリリースされました。

僕はおそらく過去の人生で一度もヒルマンという単語を発したことがありませんが、シンセにヒルマンなどと名付けられたからには今後そう呼ぶ他はなく、ヒルマンが一気に身近に迫ってきた事実に少々混乱しております。

まあDeEsserにエスプレッソと名付けるメーカーですので、シンセがヒルマンだったとしても別段驚くことではないのかもしれませんが、それにしても愛想のない病院の先生みたいな名前であります。GUIも病院っぽいですが。

肝心の音の方はと言いますと、コンボオルガンとストリングマシンをモデルにしており、波形とオクターブを選んでエンベロープを調節するだけのあまりにシンプルなシンセであります。波形はチューブ、トランジスタ、サイン、スペシャルプラズマの中から選択でき、実質音色を決定するのはこの部分だけということになります。

サンプルベースではなくシンセシスですが、このパラメーターだと違いなんて殆どないですし、その程度のものに49$なんて出せない、というのが大半の人の意見かと思います。

ですが、でも例えばこの波形の内の一つが天地を揺るがすほどの破壊力を持つ波形である可能性もゼロではないですし、そんなことは試してみないと分からないことであります。実際スペシャルプラズマなどという凄そうな名前の波形があるではありませんか。

ではスペシャルプラズマの波形を聞いてみることにします。

・・というわけで、この音を4つ組み合わせてオクターブをずらしつつエンベロープを調節すれば49$相当の音がするかもしれないと淡い期待を抱きつつ是非購入してくださいまし。

(真面目な話、Klevgrandはエフェクタは結構良いんですが、シンセは音がキンキンし過ぎて僕は駄目でした)

AudioThing Frostbite 2 – リリース情報

AudioThingのFrostbiteが2にバージョンアップされています。

僕は前に1をセールでかなり安く買ったものの、殆ど使った記憶がないのでバージョンアップする権利すらない気がするのですが、バージョンアップ代が今なら9$だったのと、GUIが格段に良くなっていたので買う気になりました。使う気になれ。

基本コンセプトはリングモジュレーターとディレイとリバーブを組み合わせてフローズンサウンドを作り出す、というもので前バージョンはReaktorで簡単に真似できそうなくらい貧弱だった思い出があるのですが、今回は音の面でもGUIの面でもかなりパワーアップしており、根本から作り直したような雰囲気があります。しかもマルチエフェクタの割には結構軽いです。

でもLFOのターゲットスロットが1つだけというのは酷すぎるので、コードを数行足すだけで増やせるはずだとKVRで叩かれて次のバージョンアップで追加されるのを期待しましょう。僕は叩きませんが。

今なら11月30日までたった9$でバージョンアップが可能だそうです。それでも高いと感じる場合は夕食抜きでフリーと考えるか、各エフェクタ部分を極限まで分解して1つあたりがいくらとか考えるのが宜しいかと思いますが、そこまでお金がないのは僕だけだと思いますので、普通にすんなりとバージョンアップしてくださいませ。

PLUGMON Neumann – リリース情報

u-heのシンセZebraletteのスキンがフリーで公開されています。

Neumannという名前のGUIだそうです。

オリジナルは糞尿を塗りたくったようなあまり触りたくない感じの茶色ベースのGUIでしたが、こちらは打って変わって可愛いGUIに仕上がっております。クオリティが高すぎて音を出すとがっかりするほど素晴らしい出来ですので、Zebraが高くて買えなくてZebraletteで甘んじている僕と同類の方は是非お試しくださいませ。

ちなみにこのスキンを公開しているPLUGMONという方は他にもu-heのシンセのGUIを多数制作しており、InterstellarというTyrellN6のスキンもフリーで公開されています。こちらも大変素晴らしい出来ですのでチェックしてみてください。

PLUGMONさんのページへ