Sigmund – レビュー

久しぶりのレビューです。

いつもいつもフリープラグインばかりでは芸がないので今回はD16 GroupのSigmundでも取り上げてみることにします。確か前にFocusriteのPlugin Collectiveでフリーで貰ったのでした。やっぱりフリーだし、たまには買え。

なかなかインパクトのある見た目でありますね。
確かどこかの雑誌でセクシーなGUIだとか何とか言われておりまして、僕も確かにそう思うのですが、何がどう精神に作用してセクシーだと思わせるに至っているかは特定できておりません。しいて言えば内側にクワッとカッコよく曲がったMはセクシーのような気が薄っすらとしないでもありませんが。

肝心の音の方ですが、エフェクトのカテゴリとしてはマルチエフェクタ風タップディレイということで、最初にオーバードライブでブイブイさせた音をフィルタでガツンと削り、その音のディレイをぐわんぐわんにフィードバックさせ、最後にトレモロをヘロッとかけてリミッターに通すという、音がやせ細ること間違いなしの類のエフェクタかと思います。

まあシグムンドで音がやせ細ってしまった場合は、同社のフェイザータンやアンテレソルで誤魔化しつつ、最後にトラバーブで仕上げておけば問題はないかと思います。

興味のある方は是非、異様にかわいい名前のフェイザーたんと一緒にご購入くださいませ。フェイザーたん推し。

わざわざデモを試すのも億劫かと思いますので、僕がWeb Audio APIでシグムンドとフェイザータンを組みあせたようなSigmundTANというエフェクタを超適当にたった今開発しましたので是非お試しくださいませ。(PCのChrome限定です)

SigmundTANを試す

FireBird – レビュー

商用ベンダーのTone2がフリーで配布しているFireBirdというシンセです。

コンパクトでメタリックなボディが印象的なこのシンセはHCMというシンセシス方式を採用しているそうです。Tone2はよく自慢げにこのHCMという単語を使っていますが、他のメーカーの製品では聞いたことがないですし、特にその方式を知りたいとも思わなかったのですが、今唐突に知りたいという気持ちが1%程度上昇し、この機を逃すと永遠に知りたくないままのような気がして調べてみました。

Tone2のサイトを見てみると、何やらHCMは波形のサンプルをモーフィングできてスゲーぜということが書いてあったのですが、Wavetableとの違いも分からないですし、グラニュラーのようにサンプルマングルするわけでもなく、ただただマーケティングの為だけに会議で考え出された悲しい単語のような気が薄っすらとしてきたのでありました。

このシンセを実際に使っている方々はどう思っているのだろうかとレビューを読んでみたのですが、本場の外国人たちはこのシンセを「ワントリックポニーだ! とにかくワントリックポニーなんだ!」などと書いておりました。

ワントリックポニーとは直訳すると一つの芸しかない馬という意味で、音の幅が狭いという意味なのか、簡単に目的の音を出せるという意味なのかは分かりませんが、見かけると少々イラッとする単語であります。だって日本人がもし「このシンセは一芸タヌキだ!」などと書いていたらやっぱり外国人もイラッとくるのではないでしょうか。

というわけでこのシンセはHCMよりむしろOTPであり、OTP次世代シンセシスを確立した名誉あるシンセといえそうです。

Independence Free

フリーの割にかなり高機能なサンプラーです。

Webサイトを見るとビートジャンキーズ必須のサンプラーみたいなことが書いてありましたが、こんなチマチマした堅苦しいGUIの、まるでMicrosoft Excelのような使い心地のプラグインを、DJなにがしのビートジャンキーズ達が好んで使うかしら、などと余計な心配をしてしまいます。

どちらかといえば昼間は真面目にビジネスソフトなどをバリバリ使いこなし、夜はひっそり音楽活動に勤しむような、あの人は真面目もクリエイティブも両方いけるのよ、とビジネスウーマンに囁かれるタイプの方向けではないでしょうか。

ちなみにこのソフトはエフェクト部分も単体のプラグインになっていて、サンプラーだけでなくマルチエフェクタとしてもご利用頂けるようです。Origamiなんていう洒落たコンボリューションリバーブも付いておりますので、ビジネスマンの方はウェットなリバーブでビジネスウーマンの股間でも濡らしてみてはいかがでしょうか。

HighLife

discoDSPというメーカーが昔配布してたサンプラー的なものです。

このソフトはとても動作が不安定ですぐにクラッシュしたりエラーを吐いたりする上に、もう今はBlissという商用のものに置き換わっているのであまり紹介もしたくはないのですが、一つユニークな機能があるので取り上げてみました。

サンプルを読み込んで鳴らす部分だけみれば普通の低機能なサンプラーですが、このソフトの売りはやはりシンセやサンプラーなどのVSTを自前でロードしてリアルタイムにサンプリングできるという点にあると思います。しかも手動で弾いて録音しなくてもボタン一つでそれが出来てしまうのですからビックリマン、もしくはシュビビンマンですね。

それの何が面白いのかを説明するのはなかなか難しいのですが、一例を挙げてみます。

まずお気に入りのDAWでHighLifeをロードしてみてください。その後HighLife上でVSTiというボタンを押すとVST選択画面が出るのでお気に入りのVST(例えばKontakt)をロードします。KontaktをロードしたらKontakt上でお気入りのサンプルをロードして、その後HighLifeに戻りサンプリングボタンを押してください。するとKontak上でサンプリングしたサンプルがHighLifeにサンプリングされ、もうこのあたりで何が何だか分からなくなると思いますが、あまり気にせずにFilterとかを適当に弄っているとたぶんクラッシュするので、翌朝Blissを買って万事OKの運びとなります。

Lokomotiv

シンプルでアナログな減算シンセ、Lokomotivのご紹介です。

いつも真面目にレビューする気もなくふざけたことばかり書いている気がしますが、このシンセは結構手放しで褒めたい感じがします。

一見シンプルなGUIでパラメーターも少ないので、フリーだと思ってなめやがってという毎度のパターンかと思いきや、出音はかなり広くしかも適当に弄っているだけで面白い音がばんばんでてくるではありませんか。魔法かよ。凄まじい数の良い音のサンプルをかき集めて、凄まじい勢いでノブを廻すたびにサンプルを切り替えて素晴らしいシンセに見せかけているのでは、と思ってしまいます。

このシンセは複数の種類の波形を混ぜて音を作るタイプですが、波形それぞれにきちんと個性があり、 しかもその波形同士の相性が最高にBATSUGUNなせいで面白い音のマジックが生まれるのかなという気がしました。当てにならない個人的な印象ですが、PulseがProphet、SawがJP-8000、SubがMini Moogだと思うのですがどうでしょうか。どうでしょうかと言われてもね。

ともかく三人寄れば文殊の知恵ということが言いたかったのであります。三人寄っても下種は下種というシンセが山ほどある中でなかなかの立派シンセだと思いましたね。

daHornet

1978年にイギリスのEDPというメーカーから発売されたWASPというシンセのエミュレーションらしいです。

すごい色の卑猥なGUIですね。GUIから黒人の体臭が漂ってきそうであります。こんなものがクリーンなWindowsのGUIに収まって画面上の宙にぽかんと浮いているというのは、倫理的に正しいことなのでしょうか神様。

音の方はと言いますとやはりドギツく、いかにもアナログでダーティーな質感がありますので、生粋のアナログ好きのアナルボーイの方々には愛される逸品かと思います。黒人のナニをアナルに挿入された時のような、体にビリビリと快感と悪寒が走るタイプの音、といったら分かりやすいでしょうか、分かりにくいでしょうか。

興味のある方は是非ダウンロードして疑似体験をどうぞ。

Dexed

フリーのFMシンセとして有名なDEXEDです。

かつて一斉を風靡したYamaha「DX7」のパッチを読み込めるなど、DX7とのコンパチビリティーを売りにしており、DX7のコンパニオン的存在を目指すとか何とか説明に書いてあったので、さぞかしコンパチブルでコンパニオンなシンセなのだと思います。

画面に山ほどあるADSRやらEGRATEやらf=1-7やらを見て逃げ出したくなる人も少なくないと思いますが、Four Tetも使っているくらいなので音の方は折り紙つきなのだと思います。折り紙つきという言葉はあまり凄そうではないですけど確かな品質保証という意味ですので、そんなには凄くないという意味になるかと思います。

DEXEDのロゴの真ん中のXだけ色が付いているのはたぶん、上から読んでも下から読んでもDEXEDという風に親しみやすく覚えてもらいたいのだと思いますが、FM自体それほど親しみやすいシンセシス方式ではないですし、マニアの方は是非どうぞ。

Alter/Ego

ボーカルシンセ。
いわゆるボーカロイドではなく完全な合成音のシンセサイザーです。

ソフト自体は基本フリーで、バンクというか人間を読み込んではじめて音を鳴らすことが出来ます。デフォルトでは1つのバンクがフリーで含まれていて他にもいくつかフリーのバンクがあるようです。NATAという女の子は昔有料でしたが最近フリーになって見かけも結構かわいいのでおすすめです。硬派に男のBonesでもいいと思いますが、骨がお嫌いな場合は好みは人それぞれですし骨はとても素晴らしいです。 骨、骨、骨。

英語だけでなく日本語にも対応しており、水戸黄門とかも余裕で歌えますのでかなりおすすめです。水戸黄門が嫌いな場合は「骨、骨、骨」とでも入力しておけば「ほね、ほね、ほね」と歌うかと思いきや漢字は無理なので素晴らしいソフトですね。

Proteus VX

E-MUが配布しているフリーのRomplerです。

ロンプラーという単語はサンプリングできるサンプラーに対して、単にプリセットサンプルを搭載しただけの音源という意味で使われ、やや差別的に聞こえなくもないですので、音源モジュールと呼んでおいた方がいいのかもしれません。僕は呼びませんがあなたは呼んだほうがいいという意味合いで書きました。

搭載音色数は1,000以上でどれもLo-Fiでレトロな雰囲気があり、サイズも小さいので個人的にはかなりおすすめです。特にドラムキットは特筆の出来だと思います。太古の昔にEmulatorという有名なサンプラーを開発していた会社ですので、単に今の時代に付いていけずその音を自慢げに持ってきただけかもしれませんが。

とは言うものの、もう随分とアップデートされていないようで、古臭いWindows標準のGUIにゴツゴツとしたハードウェア然のGUIが収まっている姿は、囚われの罪人を僕に想起させ、右上のUPDATE NOW!という威勢のいいボタンは404ページに繋がっており、もはや絶命必定の風前の灯火的プラグインと言ってもいいかもしれません。

まあでも32Bitホストとインストーラーさえ失わなければ割といつまでも使える気もするので、数十GBのライブラリが大嫌いで64BITも嫌いでいつもCPUメーターを気にしているフリーソフト命なWidnowsXPユーザーの方へのギフトなどには最適なお品かと存じます。